舞踊評論家が日々思うこと


by mitsuko-t-sakurai

観劇記録

*観劇記録(いつの間にか2月になってしまったので、取りあえず1月中で、まだ記録していなかった分)l

・1月23日、ドレスデン歌劇場バレエ団の俊英たち。
 ドレスデンは、康村和恵さんが在籍していたころに現地取材したが、
 そのころからは、芸術監督も代わり、ずいぶんレパートリーにも変化が。
 レニングラード国立バレエに在籍していたギリョーワを発見!
 レニングラード国立バレエ入団時には随分期待していたのに
 すぐにいなくなってしまい残念だったが、
 イキイキ踊っているのを見てなんだか安心。

・1月24日、谷バレエ団『ドン・キホーテ』。
 *この公演は、雑誌媒体に寄稿します。

・1月29日、日本バレエ協会のヤング・バレエ・フェスティバル。
 毎回上演されている『卒業記念舞踏会』が、やはり最も見ごたえがあった。
 よく出来た作品は、何度見ても飽きることはない。
 音楽をよく生かした振付、他愛ないドラマもほのぼのとしていて良い。
 老将軍役の法村牧緒氏が上品で、ほどよくコミカル。舞台を引き締めていた。

・1月30日、日本バレエ協会関西支部『韃靼人の踊り』『ジゼル』。
 *日経新聞関西版に掲載済み。

・1月31日、北山大西バレエ団公演。
 *寄稿予定あり。
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2010-02-16 00:01