舞踊評論家が日々思うこと


by mitsuko-t-sakurai

ピナ・バウシュ

昨日、ピナ・バウシュの「私と踊って」を見ました。
公演は明日で終わります。(新宿文化センター)
お薦め公演です。

ピナについては、彼女の信奉者が様々に語っていて、
で、その語りの熱さに、私なんかは、正直、
引いちゃったりもして・・・・・
なので、熱くは語りませんが。

「私と踊って」・・・
最初は洗練美が楽しめ、
中盤は、見ていてストレスを感じました。
でも、幕切れ、私のどこかを突いてきた。

自分の感情や感動の種類や度合いを、
もうこの年になってきたら大体把握している。
でも、ピナの公演は、
私自身が知らなかった私の感性を突いてくる。
その結果沸きあがった感情は、
感動と呼べるのかどうかもわからないほど、
新鮮なのですよね。

見てみて下さい。
結果、大嫌い、と思ったとしても。
なにか新鮮さは感じるはずです。
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2010-06-12 14:37