舞踊評論家が日々思うこと


by mitsuko-t-sakurai

ロシア紀行3~シベリア鉄道2

ウラジオストク出発は午後7時40分。
ビールを飲んでピロシキを食べたら、
8時過ぎには急に睡魔が。
この日の前の晩は、
じつはソウル国際コンクール最終日、
レセプションが深夜まであった。
そしてこの日は、5時半ごろにチェックアウト。
つまり、仮眠しかとっていない。

4つベッドの2階の一つが私専用。
ロシアの寝台車は、男女別ではない。
女友人とモスクワからレニングラードまで
寝台車に乗ったときは男性二人連れ(もちろん赤の他人のベトナム人留学生)と同室だった。
そういうときは、女性を2階にしてくれるのが、
暗黙の了解みたい。
(寝るまでは、下のベッドに腰掛けてもよく、4人でおしゃべりしていた記憶がある)

で、迷わず、2階によじ登り(はしごも有)、
シーツを敷いて、
マクラにカバーをかけて、
(毛布カバーはかけてあった)
おやすみなさい!
ガタンガタン――――――――――――
ガタンガタン――――――――――――
一本の線路が長いのか、音の間隔が長く、
規則正しさが心地良い。
そのまま寝入ってしまった。
責任感の強いパーシャー君は、眠らず
廊下にいる様子。
と、突然、熊のようなロシアの大男が、
残り一つのベッドに!
大いびきだったらイヤだなと思ったけど
意外に大人しい。
再び、眠った。
なんとなく目が覚めたのは深夜1時すぎ。
1時40分。いい加減に走っているようなのに
定刻にレソザボツク到着。
長いタラップ(?)を降り、その土地を踏む。
周りは、真っ暗。
地の果てに来たみたい・・・・・

続く
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2010-08-26 14:21