舞踊評論家が日々思うこと


by mitsuko-t-sakurai

原稿書き

1万字の原稿を執筆中。
800字くらいの原稿を書くことが
多い(新聞や雑誌にしても)私には、
この文字量は珍しい。
短距離走者が、突然、マラソンに
挑戦するみたい。
全体のコースをイメージして、
給水ポイントを決めて・・・
と試みたが、なかなか上手くできない。
そのうちに締め切りは近づくは、
早く書きたい!という気持ちは高まるは・・
なので、スタートした。
あとは、持久力の問題。
でもパワーを保つ、というのも
不得意分野。
恐らく、行きつ戻りつ、
何度も書き直しながら・・・
ということになるのだろう。
でも、結構、それを楽しんでいる。
テーマは、
ソ連崩壊後20年~ロシアバレエの魅力。
評論を書き始めたのが
ペレストロイカの頃で、
崩壊直後の1992年には
半年モスクワにいたので、
書きながら、
自分自身をも振り返っている。
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2010-11-12 12:05