舞踊評論家が日々思うこと


by mitsuko-t-sakurai

地震

恐ろしいことになっています。
皆様のご無事を心からお祈りいたしております。

また、
いろんな方からお見舞いの連絡をいただき、
有り難うございます。

ご心配おかけして申し訳ないです。
私は無事です。

昨日は、ちょうど、夫とともに新橋演舞場で歌舞伎を観ていました。
最後の演目が始まったころでした。
最初は、同じ列の誰かが貧乏ゆすりでもしているのかなと
気楽に考えていて。
そうしたら、目の前の大道具が揺れ始め、
(私は前から3番目でした)
3階席の方から悲鳴が聞こえ、
場内は騒然となりました。
お芝居は続いていましたが、
ほどなく、幕が閉まり、花道にいらっしゃった役者さんたちも
そのまま戻られました。
と同時に揺れは一旦収まりました。
「外に出ないと!」と席を立って駆け出す人、
様子を見ようと、席にいる人、さまざまでした。

この建物は危険じゃないから、
むしろ外より、ここの方が安全、という夫の言葉に、
私たちは、待機組となりました。
「安全確認を行っています」との何回かの場内アナウンスのあと、
幕が開き、
「本日はこれまで」とのご挨拶が役者さんよりありました。
(このことはもっと詳しく後日お伝えできたらと思います)

外へ出たら、人人人。
オフィスビルから出てきた人たちが待機していました。
地下鉄の駅まで歩きましたが、
すでに全ての電車は止まっていました。
とにかく、家の方に向かって歩くしかなく。
で、結局1時間ほど歩き、
夫の実家に着きました。

外壁などに異常がなく、
ほっとしたのも束の間、
家に入ると、水浸しでした。
3階の電気湯沸し器のタンクが壊れ、
お湯があふれ出したのだそうです。
1階の稽古場にまでぽたぽた。
ビニールと新聞紙を敷き、
バケツをおいて、なんとか被害を最少に。

そのままマンションに帰ると案の定、
飾り皿や香炉などが砕け散っていました。
私の仕事場はDVDやプログラムや書類がぐちゃぐちゃ。
足の踏み場もありません。

でも、我々は無事だったので。。。

皆様のご無事を心からお祈りしております。
被災された方のことを思うと、本当に心が痛いです。
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2011-03-12 18:59