舞踊評論家が日々思うこと


by mitsuko-t-sakurai

20年前。そして来年に向けて。

20年前の12月末に私は会社を辞めた。
大学を卒業してすぐに入社し、9年9ケ月勤めた大手建設会社。
女性には非常に優しい職場で居心地は良かった。
あと3ケ月待てば、勤続10年のご褒美がもらえるはずだった。

寿退社(結婚退職)でも、ヘッドハンティングでももちろんなく、
トラブルがあったわけでもない円満退社の理由。
それは、ソ連(当時)に住みたかったから!

ソ連好きになったのは、幼少のころ。
メキシコオリンピック。
体操のナタリア・クチンスカヤ選手を知ったとき。
体操競技とクチンスカヤ選手の両方に魅了された。
その後、中、高、大学の10年間、体操部所属。
日本体操界の底辺(!)を支え続けてきた。
同時にソ連の体操選手の美しさを通じて、
ソ連のバレエを知り、ロシア文学や音楽にも
興味を抱いた。

受験のときには、一瞬、ロシア語学科も考えたが、
英語の成績が非常に悪かったことと、
大正生まれの父が大のロシア嫌いだったために…
(というか、進学高に通ってはいたが、
受験勉強からは逃避というか落伍していたため)
無難な女子大へ。

ロシア語を学びだしたのは就職後。
OLの習い事としてだった。
憧れのソ連に初めて行ったのは、その後、
1988年春。
その旅先で音楽評論家の先生と出会い、
帰国後も文通が続き、
その年の秋に、
「舞踊評論をしませんか?」という
はがきが、その先生から届く。
すぐに「します!」と答え、
その先生の弟子となった。
桜井多佳子の誕生。

会社を辞めたのはその3年後だ。
幸運なことに、すでに
「バレエの本」(音楽の友社)などに、
記事を書かせて頂いていた。
OL生活をしながらバレエを観て書く、
忙しいけれど充実した生活だった。
しかし、
「OLの片手間に舞踊評論!?」
という世間の声が聞こえ、
私自身も限界を感じていた。と同時に、
旅行でしか行ったことのないモスクワに
「住みたい」という夢も大きくなっていた。

会社を辞めてモスクワに行きたい。
その気持ちは高まってはいたが、
その頃の“ソ連”に行く勇気はなかなか沸かず、
両親の猛反対にもあい、決心はつかなかった。
そんなとき、1991年の8月、
ソ連でクーデターが起こった。
ペレストロイカを進めていた
ゴルバチョフが軟禁された。

もうモスクワには住めなくなった!
私の夢は消えてしまった!
行くことができるときになぜ
行かなかったのかと後悔した。
(いま考えれば、
「行くことができるとき」
があったとも思えないのだが、
何もわからないまま大いに後悔した。)
が、クーデターは3日で終結、
ソ連は一気に崩壊へと向かう。
私は会社を辞めることを決心した。

20年前の今頃、出勤最後の日、
会社を後にしたときの気分は、
いまでも覚えている。
びっくりするほどの解放感と、
恐ろしいほどの心細さ。
「会社」の威力をあらためて感じた。

それから20年。
半年たらずのモスクワ留学を経て帰国後、
「私は一体どうなるのだろう」
と不安にもなったが、
本当に幸運な出会いが重なり、
なんとかフリーで仕事を続けている。
師匠の音楽評論家の先生が亡くなられ、
大好きだった父を亡くしたときは、
これで、もう、私もダメだと
思ったが、友人たちに支えられた。

自分でも「まさか!」の結婚、
しかも東京の日本舞踊家との。
それは「舞踊評論家」にとっても、
大きな刺激になっている。

会社を辞めて20年。
こうしてやっているのは、
皆様のおかげです!!!
本当に大感謝!!!
あっという間だったけど、
20年は20年。
新人で若手だった私も、
・・・・・・・。
これからは、若い人のことも考えて、
そろそろ「還元」することも
大事なのだろうなと思います。

来年も、どうぞよろしく!
充実の1年にしたいものです!

桜井多佳子
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2011-12-31 19:32