舞踊評論家が日々思うこと


by mitsuko-t-sakurai

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

観劇記録

*観劇記録(いつの間にか2月になってしまったので、取りあえず1月中で、まだ記録していなかった分)l

・1月23日、ドレスデン歌劇場バレエ団の俊英たち。
 ドレスデンは、康村和恵さんが在籍していたころに現地取材したが、
 そのころからは、芸術監督も代わり、ずいぶんレパートリーにも変化が。
 レニングラード国立バレエに在籍していたギリョーワを発見!
 レニングラード国立バレエ入団時には随分期待していたのに
 すぐにいなくなってしまい残念だったが、
 イキイキ踊っているのを見てなんだか安心。

・1月24日、谷バレエ団『ドン・キホーテ』。
 *この公演は、雑誌媒体に寄稿します。

・1月29日、日本バレエ協会のヤング・バレエ・フェスティバル。
 毎回上演されている『卒業記念舞踏会』が、やはり最も見ごたえがあった。
 よく出来た作品は、何度見ても飽きることはない。
 音楽をよく生かした振付、他愛ないドラマもほのぼのとしていて良い。
 老将軍役の法村牧緒氏が上品で、ほどよくコミカル。舞台を引き締めていた。

・1月30日、日本バレエ協会関西支部『韃靼人の踊り』『ジゼル』。
 *日経新聞関西版に掲載済み。

・1月31日、北山大西バレエ団公演。
 *寄稿予定あり。
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2010-02-16 00:01

公私混同

昨日、夫の稽古を見学させてもらった。
19日の本番のため、
衣裳もつけ、化粧もほどこしての、本格的な稽古。

場所は赤坂会館。通称、赤坂の見番~けんばん~。
見番も、私にとっては結婚して、初めて接した言葉であり場所だ。

夫が19日に踊るのは、「関の扉(下)」。
物語は複雑。でも、舞台で行われるのは、
太夫に化けた桜の精と、
関守に化けた謀反人が、
最初はだましあうが、最後には本性をどちらも表し、激しく戦う、という踊り&芝居。
桜の精、と聞くと、私の頭に浮かぶのは、
チャイコフスキーのバレエ「眠れる森の美女」に登場するような
チャーミングで善良な妖精。
だが、『関の扉』の桜の精は、タイプが全く異なる。
太夫の姿のときは妖艶で、ただし本性は、かなり怖い。

今回、この役を演じるのは、水木佑歌さん。
初めてお会いしたとき、「大和なでしこ」とはこの人のこと、と思った。
場所がロシアだったので、ロシア人男性とともに、キモノ姿の彼女に、見入った。
とにかく美しい女性。
踊りも素敵。動きが素直で、身体のライン(日本舞踊だと衣裳がだぶっとしているので、
身体のラインなんて見えないと思ってた。でも、日本舞踊家のラインは見えるんです。
あ、もしかしたら、ラインを感じさせるのは、レベルの高い日本舞踊家だけかもしれない)
も美しい。
素顔の佑歌さんも、とても女性らしい。
でも、お話すると、かなり、嬉しくなるほど男性的!
失礼!!!
でも、世界のプリマも、みんなすごく女性らしく見えるけど、中身は男性?という方ばかり。
だから、日本舞踊家もそうなのかなと思った次第。でないと、プリマは務まらないんです。きっと。
で、その、佑歌さんの、楚々とした女性の部分と、男性的なところが、
この「桜の精」では、どちらも活きるはず。
本番(19日、国立劇場大劇場。日本舞踊協会公演。時間は2時ごろかららしいですが不明)が、かなり楽しみ。
あ、夫も頑張っているようです(詳しくは彼のブログをご参照。http://rankoh.exblog.jp/)。
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2010-02-03 21:36

にしひがし

生まれも育ちも大阪市内。
東京に住む事はないと思っていた。
仕事では東京に来ていたけれど、住みたいと思ったことはなかった。
でも、人生何があるかわからない。
江戸っ子の日本舞踊家と結婚、
東京に滞在することが多くなった。
ただし、いまも実家(&住民票)は大阪市内。

土曜日に2ヶ月ぶりに大阪に戻った。
で、昨日、東京に戻ってきた。
どちらも「戻る」という感覚なのです。
[PR]
by mitsuko-t-sakurai | 2010-02-02 14:35